信州型総合医

目標

 

1)中小病院総合診療部門(総合診療部、一般内科、救急部)や診療所において、医師として幅広く患者の診療にあたることができる基本的能力を身につける。
2)地域の保健・医療のニーズと問題点を理解し「地域を診る医師」の観点から、診療に従事できる。
3)ほかの保健医療従事者や地域住民と連携しながら、包括的で多様な医療サービス(在宅ケア、緩和ケア、高齢者ケアなど)を提供し問題解決にあたり、地域住民からの信頼を得て、地域全体の健康増進に貢献できる。

特徴

1 5病院の特徴を最大限に活かした研修プログラム
特徴ある5病院に加え研修センターを有しており、それぞれの専門分野を経験しながら総合診療医としての研修の場を提供することができます。各専門分野に特化した指導医が豊富に揃っており、臨床経験とともに指導・助言も同時に行える充実したバックアップ体制を整えています。

2 豊富な臨床の場を提供地域になければならない病院として、全科の1次、2次救急の初診を担当し、また一般外来・入院診療についてもcommon diseaseから高度最先端医療が必要とされている疾患、在宅医療まで数多くの症例を経験することができます。
3 福島県立医科大学やハワイ大学などとの教育ネットワーク家庭医療を牽引する福島県立医科大学や世界的にも屈指のシミュレーションセンターに加え充実したファミリーメディスンコースを有するハワイ大学との提携により、幅広い研修の場を提供することができます。
4 プライマリ・ケア連合学会のプログラムに準拠日本プライマリ・ケア連合学会の家庭医療専門医が習得できるプログラムです。将来的には「総合診療専門医」の資格取得を目指します。

指導体制

1 プログラム責任者
上沢 修(信州医療センター副院長)
2 指導医
長野県立病院機構の各科指導医・専門医
3 長野県立病院機構信州型総合医アドバイザー
福島県立医科大学 地域・家庭医療学講座 主任教授 葛西 龍樹
4 顧問
長野県立病院機構理事長 久保 惠嗣(前信州大学第1内科教授)

プログラムの構成

1 年数
 3年間の後期研修プログラム
2 構成
1)総合診療専門研修小病院・診療所における総合診療専門研修Ⅰ(※1)と病院総合診療部門における総合診療専門研修Ⅱで構成  し、それぞれ6か月以上、合計で18か月以上実施。
 ※1福島県立医科大学 地域・家庭医療学講座の選択も可
2)領域別研修内科6か月、小児科3か月、救急科3か月を必修とし、その他に研修目標の達成に必要な範囲で、長野県立病院機構  5病院の診療科の中から選択研修を実施。
※ハワイ大学 医学部Family medicineコースの選択研修を検討中
3 年間スケジュール
後期1年目
 内科研修(信州医療センターまたは木曽病院)4月から9月
 小児科研修(信州医療センターまたはこども病院)10月から12月
 救急科研修(信州大学医学部)1月から3月
後期2年目
 総合診療専門研修Ⅰ(阿南病院へき地医療研修センター)4月から9月
 福島県立医科大学家庭医療専門医コース10月から12月
 領域別選択研修(精神科、整形外科等)
後期3年目
 総合診療専門研修Ⅱ(信州医療センターまたは木曽病院)4月から3月

研修施設

1 長野県立病院機構長野県立信州医療センター:内科研修・小児科研修・総合診療専門研修Ⅱ・領域別研修木曽病院:内科研修・小児科研修・総合診療専門研修Ⅱ・領域別研修阿南病院(へき地医療研修センター):総合診療専門研修Ⅰこころの医療センター駒ヶ根:領域別研修こども病院:小児科研修・領域別研修2 研修提携病院 信州大学 医学部救急集中治療医学講座:救急科研修 福島県立医科大学 地域・家庭医療学講座:総合診療専門研修Ⅰハワイ大学 医学部:領域別選択研修(※)(※)Simulation教育を体験し成人教育論を学ぶためSimTiki Simulation Centerに研修期間中に1回、1週間派遣※Family medicineコースへの派遣を検討

取得できる資格

1 日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療認定医
※将来的には「総合診療専門医」
2 日本内科学会認定内科医

終了後の進路

 長野県立病院機構本部研修センターは信州医師確保支援センターの分室として位置付けられていることから、研修者と相談の上、研修内容が今後の医療に反映できるよう自治体病院をはじめとして県内の各医療機関に円滑に就職できるような支援体制を整えております。

信州型総合医研修プログラムは⇒ こちら(長野県立病院機構本部研修センター)